読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思惑

伝える事って難しい。表現方法を日々模索。

賃貸物件の選び方(不動産屋編)

ライフスタイル

f:id:Lucretius:20170118134103j:plain

賃貸物件選び、不動産屋編です。

賃貸物件の選び方(事前準備編)を見てない方は、こちらを先に見てください。

omowaku.hatenablog.jp

不動産屋に行って物件を紹介してもらいましょう。

不動産屋の選び方です。

 

不動産屋の種類

仲介業者

物件の紹介などで儲けを出しています。

管理会社が委託されている物件やオーナーが直接管理する物件の情報を集めて顧客に紹介します。

チェーン展開してる不動産屋は大抵こっちです。

 

契約の時だけの関係なので、サービスの良さそうなところや、仲介手数料の安いところを選びましょう。

ちなみに、仲介業者は一部の物件を独占的に持ってることもありますが、大抵は他の業者でも紹介してもらえます。

気に入らない場合は他の業者経由で契約しましょう。相見積を取って仲介手数料値切ることもできるかもしれません。

 

稀にですが、付随サービスを出してくるところもあります。本来はしなくてもいいのに、必須であるかのごとく進めてくる業者です。

防虫駆除サービスだとか、クレジットカードの契約だとか。

ちゃんとオプションであることを説明してから紹介してくれるならまだいいのですが、

物件を探す時間のない客の足元を見るかのようにこれを契約しないとアパート契約できないかの如く

セットで契約するのが当たり前のように言ってくる業者とは契約を避けた方が良いでしょう。

 

仲介業者は1回だけの付き合いが多いので、契約させたもの勝ちみたいに振る舞う人も居ます。

嘘をつくとまでは行かないにしても、黙っていることで誤認させて結果騙すようなパターンですね。

「聞かれなかったから答えませんでした」と平気で言う専門家を信じても良いことはありません。

 

管理業者

物件を維持管理することで手数料収入を得ています。

他の住人とのトラブルなどはこちらで対応してもらうことになるので、物件の次に重要視するべきところです。

と言っても、実際にトラブル対応してもらったりしない限り分からないものなので、ネットでのクチコミなども少なく、情報はあまり期待できないでしょう。

実際の物件の管理状態を見て良し悪しを判断する方が賢明です。

管理状態のチェックポイントは物件下見編で紹介します。

 

賃貸物件の選び方(物件下見編)へ続く。

omowaku.hatenablog.jp